『凸凹凸凹(ルリロリ)KNOCK OUT TOUR – One・Two・Punch -』ROUND62019/06/16 21:14

『凸凹凸凹(ルリロリ)KNOCK OUT TOUR – One・Two・Punch -』ROUND6
2019.06.16.sun. 渋谷GUILTY 18:00

ガールズロックバンド
凸凹凸凹(ルリロリ)初体験
渋谷道玄坂上がったところ
GUILTY
小さなハコでした
スタンディングで100名ほどかな
懐かしさを感じます
バンドってこういうところから
始まるんですよね
その分生音全開!
力強くエネルギッシュ
入魂具合グッド👍
ポリシーありそうな感じ
ルックス抜群
G.B.Dスリーピース
確かベースがやめて
ギターボーカルがそのまま 
私がやる!
って頑張ってるって聞きました
そんながむしゃら感が
フレッシュなロック娘達
当分このまんま真っ直ぐ突き進んで欲しいですね
やっぱロックはカッコ良くなきゃ  ね
たまにBGM入れてましたが
やっぱ生音がいい!
アレンジシンプルでいいから
全編スリーピースのみで
攻めて欲しいな
ベース陽南子の真剣な眼差しにはやられた!美人だし
眼力強すぎ
まじだ
超縦ノリにも併せて
簡単に釣られた!
ドラム渚奈子も
なかなかキリッとした姐さん
エリート営業課長!
果敢に曲中ミニソロっぽいの
入れたりして
バンドを引っ張ってました
ギター有南はすらっと美形
リードギタリストですね
のびやかな単音弾きを
華麗に決めるタイプ
キャッチャーな曲は
売れそうな匂い
ゴリゴリの曲の方が私は気に入った!
「がぶりっ!」なんか
変な歌(犬?)だけど
妙にビッタシくる
このちょっとしたバカバカしさがロックだよね
兎にも角にも
みんな
ダンス、ダンス、ダンス💃

アンコールは
前座?のルリロリにかわり
”しわしわず”
ドラム渚奈子
ギター有南のアコユニット
ベース陽南子は、前説&PA席で見学
ゆるめに1曲
あったかーに終了

過激な客もおらず
みんなで応援しよう感満載で
初めてでも楽しめました
何より、デッカい音のロックはいい

凸凹凸凹 (ルリロリ) 「dΛn$³!」 Live at Daikanyama UNIT 2018.10.6
https://youtu.be/nZn_muTCD7M

凸凹凸凹 (ルリロリ) 「POP STAR」 MV
https://youtu.be/3SNGX0PfDkY

凸凹凸凹 (ルリロリ) 「未来証明」 Live at Daikanyama UNIT 2018.10.6
https://youtu.be/vy_pim1KHnM

凸凹凸凹 (ルリロリ) 「未来証明」 Live at Daikanyama UNIT 2018.10.6
https://youtu.be/vy_pim1KHnM

BABYMETAL Distorsion LP Records2019/06/12 20:32

BABYMETAL の Distorsionって曲
アナログレコードで
45回転ですが
でっかいジャケット 嬉しいな
A面 スタジオ盤 1曲
B面 ライヴ盤 1曲
潔し!
始まる前の
ボソボソっ が またたまらん
たまにはアナログいいですね

METROCK TOKYO 20192019/05/25 19:37

METROCK TOKYO 2019
2019.5.25.sat.
快晴

TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL
新木場 若洲海浜公園

☆go!go!vanillas
リハから、ギターの人が
ゲットバックやら
胸いっぱいの愛を やら
バックインブラック やら
私馴染みの音 期待
いい塩梅のストレートなロック
ドラム リーゼントのスタンディング気味
あとギター2人
ベース 聞こえるので テープ?
テープってのも古いか
それでもノリよく元気な演奏
やっぱ
こういうの いい!
成り立ちは知りませんが
高校から一緒 って感じで
晴れの日のお休み
ロックフェス
最高のスターター
ケバブとマンゴースムージーうまい😋

☆夜の本気ダンス
昼なのに夜本気
ギター2本の4人組
もしかして
去年もここで見たね
見た目通り
スリムな痛快ロックン・ロール
駆け出したくなるよな疾走感
シングルコイルの
シャラシャラしたギターが
小気味いい
最後は
観客をすわらせ
合図とともに
一斉に躍らせる!
会場全員夏祭り!
芝生のにおいが一気に立ち込めました

いちごけずり🍓
凍ったいちごをけずって
生クリームかけたやつ
で、クソ暑さをしのぎまして

☆山本彩
はやくも今年3回目
昨年ここで初めて見たさや姉
超緊張してた気がしましたが
すっかりミュージシャン
前2つがノリノリに対して
柔らかめなナンバーも織り交ぜた
緩急のある余裕のセトリ
バンドも迫力あってダイナミック
聴いても楽しめるステージ
さや姉マッチレス
リードG、ハイワット
バックGオールドマーシャル
今回は、レモンバーストのレスポール ビグスビー付きと
チェリーサンバーストのレスポールのLPデー
嬉しいね
最後は大盛り上がり
めっちゃ短い30分でした
声嗄れた!

☆BLUE ENCOUNT
ギター2本の4人組
ガッチリ硬く
男気溢れるリズムに
結構メロディアス
我々からするとルーツがわからないんですが
今の世代はこういうのがスタンダードなんでしょうね
サークルできてるわ
まあロック魂な世代を超えて一緒
にしても
しゃべりが説教くさ
にしても
スゲー盛り上がり!
みんな踊る踊る

☆yonige
きょうは、ずっとSESIDE PARKにいたので
最後はNEW BEAT SQUAREでyonige
ヨニゲは、女子ファン多いね
ジャパンジャムの時は
昼間のヨニゲ でしたが
きょうは
夕暮れ時のヨニゲ!
きょうも、ジャパンジャム同様
4人のヨニゲ
いいわ4人ヨニゲ
ボーカルの適度な脱力感が引き立つ
歌のよさ
歌詞、歌い方、声
が、すごく魅力的になりました
今回は小さな会場だったためか
ベースがいい音でかえってて
ガッチリしていいベース弾いてるー!
って感じました
夜のヨニゲおそるべし
アンコールの拍手が暫く鳴り止みませんでした
その間yonigeは夜逃げ

宮川企画「マイセルフ ユアセルフ」新宿LOFT2019/05/19 22:16

SHINJUKU LOFT KABUKI-CHO 20TH ANNIVERSARY
宮川企画「マイセルフ ユアセルフ」
2019.5.19. sun.
新宿LOFT

歌舞伎町 らぁ麺 鳳仙花の
金目鯛ラーメンで
腹ごしらえ

新宿ロフトは、初めて
歴史ある
味わい深いハコ
狭い天井に電球照明
いいね👍

ペドロ先かと思ったら
カスケードから

☆CASCADE
いいバンドてすわ
ボーカルが
独特なセクシャリズムを放ってる
黙々と弾いてるベースがいい
ちょっとエレクトロな音を
シンクロさせてちりばめて
ノリのいい近未来的ロック

☆SuiseiNoboAz
これまた強力
最初、ボーカルが
ラップから入ったので
ZAZENっぽい、
テクニカルお説教歌詞バンドかと
いやいや
多数のノイズを駆使した
超オルタナ!
まだ見ぬ強敵だ!
超爆音と
メロディアスでスペーシーな
ファズギターが
ドカン!と腹の底へ
ちょっと鳥肌もの
鬼気迫る熱演に
引き込まれました

☆PEDRO
BiSH AYUNi D Solo Project
最後はペドロ
アユニDもMCで言ってましたが
対バンの熱演がすごすぎた
やりにくいね
でも、さすがアユニ
いい声だ
パンクバンド向き
日本のバンドってより
ブリティッシュパンクの切れ味!
女性パンカーは切れ!
緊張気味で恐縮気味のアユニでしたが
他2バンドにはない切り口で
見事に対抗できてましたよ
曲数が少なかった
アンコールもなし
はっきり言って新米バンド
いい試練Deth!

JAPAN JAM 2019 DAY32019/05/06 17:46

JAPAN JAM 2019
DAY3
2019.5.6.man.
千葉市蘇我スポーツ公園

昨日はカンカン照りから一転雨
それほど強くはなかったものの
雷の恐れがあるため一時中断
今日も超カンカン照り
風はちょっと冷たいので
雨男登場の予感ですが
最寄りの蘇我駅から大混雑
ホーム降りると
皆様がイベントを笑顔で迎えられますように
駅員一同、安全に勤めてまいります
の、粋なアナウンス
さあ
朝10:30から最終日スタート!
渋谷陽一さん挨拶は
毎回の砂嵐伝説
昨日の狐の嫁入り中断は
伝説は無理か
未だに毎日改善しているって
来年は倍以上良くするそうです
渋谷さんの改善意識
見習います 明日から会社で
やはりツェッペリン信奉者は完璧主義Deth!

☆Hump Back
たぶん、見たことあるかな
スリーピースのレディースバンド
フロントハムのテレキャス
オレンジアンプで
ソリッドでシャープないい音!
歌も説得力あって
力強い
MCしゃべり長いね
まあ、いいたいことだらけだからこそ
なにかを伝えたいんだろうね
気合いの入ったいいプレイでした
やりたいことやるって最高!

はげしいロックのあとは
メシ
牛肉ぜいたく丼
タン、ステーキ、焼きしゃぶ

☆yonige
サブギターが入って4人編成
ストレートなロックながら
ちょっと引っ込み思案な感じかまたいい
今日はいつにも増して
じっくり聴かずセトリで攻めてきました
やるー
ギターがもう1本入ったおかげか
ボーカルがゆったり沁みます
アメリカンな感じを漂わせてました
やっぱレスポールゴールドトップは
カッコイイね
他にストラトとビグスビー335
エレキを抱えてシンガーソングライター!
曲 いいね

☆ポルカドットスティングレイ
アラバキで見逃したリベンジ
そういえば
今年は
ポルカで年明けしたんだっけ
ポルカはリハから 雫ちゃんが言ってました
セトリ外で2曲

ベース側いましたが
うまいね
ギターは相変わらずステレオアウトで
ベース側では聞こえませんが
演奏全体のノリはよくわかります
ギター、ドラムが
とちる
レアな場面もご愛嬌
網タイツがセクシーな雫ちゃんのラップも飛び出して
すんごく楽しいノリノリなライブでした

☆SILENT SIREN
ベースあいにゃん側
爆音スピーカー前
最前列!
こちらもリハから盛り上がり
迷彩柄の衣装で再登場?
日差しをいっぱい浴びたすぅは輝いてた
ノリノリなのは当たり前
ベースあいにゃんの影ながら
ドラムひなんちゅがよくみえる
やっぱバンドはドラムベース
バンドマンはドラムベースに反応してしまう
ぶら下がってた柵が私のドラムセットになってしまった
たまにひとりウラにリズム入っちゃてすんません
しかし燃えるわ萌えるは
チンケなアイドル扱いすんじゃねえ
ロックバンドサイサイ様のお通りじゃ
サイサイ最高!

☆miwa
そのまま最前列に残って
みわさま
爆音重低音の圧力でズボンが揺れる
バックは5人
ドラム、ベース、ギター
キーボードはひとりで
ヤマハエレピとシンセ、ハモンド
HAMMOND XK1だって
コーラスの人 綺麗
ミワちゃん、ベリーショート
もうちょいでワカメちゃん
かわいい!
演奏始まると、さすが大将
まばゆいオーラを発します
すごいわ
周りに合わせて
チャラチャラしてようと思ったら
大間違い
踊っちゃた!
久々ライブで
again again体感できてよかった!
満足

さすが3日目
これで上がります

今日は天気も急転せず
暑い日差しに涼しい風
連休最後はいい日であった

昨日の打首獄門が言ってた言葉が

JAPAN JAM 2019 DAY22019/05/05 20:02

APAN JAM 2019
DAY2
2019.5.5.sun.
千葉市蘇我スポーツ公園

ツェッペリンの永遠の詩が流れ
渋谷陽一登場 68歳だって
私も経験した砂事件を乗り越えての
蘇我開催
今年の音響、ステージデザインの良さをアピール
たしかに!
音響いい

☆でんぱ組.inc
バンドがリハ
バンドセットなので
前行かず
真ん中辺で
やっぱ音いい
原始人2人が登場
ジェンベとディジュリドゥで
大地の賛歌
超足長の大道芸人が2人登場で
メンバーのお出まし
朝からですが
でんぱは飛ばす!
すんげー
ドラム大変
絶好調の波に揉まれ
右へ左へ
ノンストップの超絶カチャカチャ
みなさんほんとに
おつかれサマー‼︎
でんぱすごい 面白い

エネルギー補給
プルコギ丼 肉特盛

☆SIX LOUNGE
元気のいいスリーピース
ギターがギブソンLPjr
マーシャル2000かな
ジャガーん!と
気持ちいい乾いたクランチサウンド
男らしいボーカル
ソロがなく
ボーカルがガッツリうたいきる
ロックしてるよ

音響いいから
シンバルが綺麗になり分けられてる

☆きゃりーぱみゅぱみゅ
暑い日差しのなか
突然大粒の雨
狐🦊の嫁入り
キャリーちゃん登場でしばらくして
曇り空で雨はパラパラに
観客はキャリーちゃんに煽られ
パラパラダンシング
キャリーちゃんの明るいステージは
JAPAN JAMの必需品
いつまで来続けて下さい
おーっと
雨足が強くなってきました

☆四星球
スーシンチュー
雨男登場で一旦中断☂️
15分遅れてスタート
金太郎、おばQ、桃太郎はなしキジ単品、
そして葉加瀬太郎 の格好
徹底したコミックバンド
はちゃめちゃ感覚で大爆笑
一瞬にして会場参加型イベントに
90年代ヒット集はゲスト
トータルファットあ
グッドモーニングアメリカ他
終わった瞬間のお客さんからのざわめき
私と同じ気持ちでしょう
ここまで笑えるとは

☆スキマスイッチ
すごい人気ですね
名前は知ってましたが
まじに聴くのは初めて
爽やか
飲料水のCMソング集みたい
もちろんノンアルコール

☆キュウソネコカミ
踊りたい若者大集合
リハから盛り上がってましたよ
みんなとおんなじ動きするとカッコいい!
ってボーカルが言ってましたが
まあ、その通り
規則正しい日本人は
一斉に気持ち良さげに
ダンシング
天邪鬼な私はちょっと行き場が
まあ群衆混じって
おチャラかほいほい
結局最後まで乗せられてしまった!

ちょっと休憩
隣のステージがちらっと見えるところで
☆THE ORAL CIGARETTES
攻撃的なサウンドが鳴り響いています
失礼ながら
爆音は時には私のアルファ波の餌食ともなります
いい気持ち
まあ今日はコミカルデーっぽいので
オーラルさんゴメン

☆打首獄門同好会
ベースが還暦で話題の打首
相変わらずの
コミカルメタル
怒涛の如く!
全く歌ってる通り
連休明日までで
はたらきたきないねー
ラーメン
さかな
最後は、令和元年の大豊作を祈って
日本の米は世界一!
腹減った
良い子は
スカパラ見て帰りますか

☆東京スカパラダイスオーケストラ
やっぱホーンセクション入ると
豪華!
バリトンサックス いいよね
ブーって
30周年だそうです
もともとはジャズフェスティバルに
でてましたよね
今や、どのロックフェスにも
いますね
踊れる音楽のルーツは
今の若者たちにも通用しますね
ゲストがさかなくん🐟
バリトンサックスだ!
黒い魚の帽子
ラテンセッション!
クラリネットで泳げたいやきくん!
いやーやりましたね
メロディ吹きですが立派に演奏しました
拍手👏

あとふたセットほどありますが
またあした

JAPAN JAM 2019 DAY12019/05/04 20:48

JAPAN JAM 2019
DAY1
2019.5.4.sat.
千葉市蘇我スポーツ公園

今年も行ってきました
近所
蘇我のロックフェス
ジャパンジャム
千葉市民限定3日通しチケット先行販売で
買いました
多分この資金が、
芝生の育成に役立ってるんでしょうね

☆THE BAWDIES
朝10:30からなんて
中学の野球部の練習試合じゃあるまいし
ちょっと遅れて到着
でもボウディーズはあさから全開
さすが
コナンの寸劇ももちろん
こちらこそ起こしてもらいました

☆NICO Touches the Walls
ちょっとカントリー
スコットランド民謡っぽいフレーズあり
コーラスが決まって
いいインストバンドてすね
おじさんにもついていけます
蘇我特有の人工芝の上で
青空の下 横になって
生音楽聴いて
しあわせ

☆Little Glee Monster
初めてのリトグリ
いいね👍
コーラス、綺麗
当たり前か
雨男のせいで、
せっかく晴れてたのに小雨
でもステージはノリノリ
バックバンドも余裕でうまい
もちろんメンバーそれぞれも
圧巻の歌唱力
最後ジュピターは、すごかった
壮大な世界観を
美しいコーラスで奏でると
雲の隙間から太陽が☀️
大スペクタクル!
サプライズ演出

さあこれから
もののふ、清掃員とのダブルヘッダー
体力つけよう
勝浦坦々麺!

☆ももいろクローバーZ
最近アイドルフェスよく行きますが
本家のももクロ 初です
モノノフ達に囲まれながら
観戦
ド派手なカラフル衣装で登場
スターですね
大人びた感は若干ありますが
正直、歌はあまり上手くなってない
まあ、そこがいつまでもアイドルでいいのか
フレッシュさは永遠 ですね

☆BiSH
隣のステージに飛び込んで
こちらは清掃員達に囲まれて
清掃開始
初っ端から
チン●シゴいてろ
で スタート
しごかれましたわ
アイナとはしょっちゅう目があっちゃって
よくあるお客さん勘違いあるある
アユニDに睨まれ M ムズムズ
これもあるある?
ももこ めんこく 桃色髮
星がまたたく昼♬
心の清掃活動終了!

☆ORANGE RANGE
こちらも初めてオレンジ
爽やかですね
ちょっとトロピカル
素直ながらストレートなロック
若い子達が
楽しそうに飛び跳ねているのが
微笑ましい
きりきり舞いさせられました

今年は音響頑張ったらしく
真ん中辺でも余裕あるいい音!
芝育ってるし
渋谷さんおつかれさま

☆UNISON SQUARE GARDEN
こちらも初めて
スリーピースながら
爆音ではなく
アルペジオで
歌を大事に丁寧に歌ってる
か細い感じの声っぽいけど
音程しっかりしてるし力強いね
ノリノリの曲も
強引なかき鳴らしじゃなく
歌ありきのアレンジでキャッチー
結構凝ったインストゥメントで
面白いアレンジ多し

後ろの人工芝で
寝そべって聴いてましたが
風さえなければ
後ろでもいい音でした

☆Aimer
エメさん
確か昨年も見たと思います
エレピ、アコギ、カホンのアコースティックセット
の割にダイナミックで迫力ある演奏
それ以上の存在感あるボーカル
こぎみいい言葉のリズム感が
新感覚な音世界を広げていく
じっくり聴けます

☆10FEET
今日の最後は
言わずと知れたテンフィート
曲長はこれも言わずもがな
パワーあふれる演奏もまた言わずもがな
迫力満点
音響が強化されたということもあってか
歌がよく聞こえる
歌詞はよくわかりました

ARABAKI ROCK FESTIVAL 2019 DAY22019/04/30 15:54

ARABAKI ROCK FESTIVAL 2019
2019.04.27.Sat.-28.Sun.
みちのく公園北地区 エコキャンプ みちのく
DAY2

テントの中での一夜
後ろのテントから
寒いよー 寒いよー の声
そのうち笑い声が
静かになり
しばらくすると
寒いよー あと4時間 耐えらんねー
また 笑い
大丈夫かなー
人のこと構ってる状況じゃありません
アイガー登頂のため上村さんは
これ以上の過酷な状況だったんだと自分位言い聞かせ
休息取ることだけを考えて うと  うと
ゴーーー!
自分のイビキだ
こうして極寒の地で勝ち残った者のみが見ることのできる
早朝の蔵王の頂を望みなら
秋保温泉バスツアー♡
30分ほどのところに 美しい渓谷
雰囲気いい温泉街です
小一時間ですが
昨日の疲れ
昨夜の凍え
一昨日の酒
を、透明なきれいなお湯で癒して
湯船の手がでかく見えるよ
脳みそいかれたかな?
なんかルーペみてるみたい
こういうお湯なんですかね
さあ
それじゃ
アラバキ2日目 行きますか

まずは朝ごはん
友達が買ってくれた秋保温泉のおはぎやさんの納豆おはぎ
うーんもちもち 
ARAHABAKI方面の
川崎町の飲食ブースへ
はっと汁
お野菜いっぱいの味噌汁
豚汁じゃなく牛すじ?
ほうとうみたいな四角いめん(太いワンタンみたい)
玉コンも入って ほっこりうまい
グダグダしてたらもうお昼
みちのくステージ
まずはノリノいい川崎町長の挨拶
クイーンが話題ですが
アラバキは キング!

MICHINOKU STAGE
☆THE King ALL STARS -2019 ARABAKI MAXIMUM-
若大将 キング加山雄三です
2013年のここアラバキで結成だそうです
モンゴルやあまちゃんまで登場
豪華 ゴージャスなステージ
マイウェイやサライなどリサイタル色もありましたが
やっぱりエレキの若大将
モズライトで若僧を一太刀 一刀両断
黒澤武士は強いぞ!
失礼ながら この歳82才?でこの爆音の中
若僧相手にオオ立ち振舞い
日本のロック創世記ですもんね
寺内タケシにギター教えただけある(映画で)
白熱のギターバトルでしたよ

Guitar & Vocal
加山雄三
Vocal
キヨサク(MONGOL800)
Guitar & Vocal
佐藤タイジ(シアターブルック)
Guitar & Vocal
古市コータロー(THE COLLECTORS)
Guitar & Vocal
藤井一彦(THE GROOVERS)
Bass
ウエノコウジ(the HIATUS)
Drums & Vocal
武藤昭平(勝手にしやがれ)
Drums
池畑潤二(ROCK'N'ROLL GYPSIES)
Trumpet
タブゾンビ(SOIL&"PIMP"SESSIONS)
Keys
高野勲
Keys
山本健太
Guest
伊藤ふみお, コバヤシケン, 河村光博, 須賀裕之(KEMURI)
TOSHI-LOW(BRAHMAN/OAU)
のん

昨日の雨は空のように
晴れわたった今日
芝も乾いて
寝っ転がって
牛たんつくね&ビア
TSUGARU STAGE
☆佐藤千亜妃
きのこ帝国の人のようです
きれいな人
音は大人コードのアダルト系
キーボードがめっちゃいい
力強いラフなタッチから繊細な細かい表現まで
ローズピアノ系の音で
このユニットのサウンドを決定づけてますね
あとベース
小さい女の方
5弦ベースを自在に操り
とはいえテクひけらかしじゃなく
曲をビシッと締めてます
いいベースだな
アコギコーナーも含めて
演奏者にとってアラバキはいいフェスなんですね
こういうほんとにうまい人たちを
じっくり堪能できるのもアラバキの良さ

帰り仕度のため
一夜を共にしたテント君をたたんで宅配手配
端からは端名でが30分ぐらいかかる広大な土地
終わりはまたみちのくステージなので
早めに移動
前のバンド終わる頃に到着
前列は無理でしたが
前エリアのカメラ柵(一番後ろ、PA前)をゲット
この柵をどう使いこなせるかがフェスを乗り切るポイント
なにせ、たちっぱが長く続くので

MICHINOKU STAGE
☆あいみょん
今や時の人
入場規制があったようです
貫禄のステージ
ロックなんてとマリーゴールドぐらいしか知らないですが
フェスで2回ほど見てるので
だいたい聞いたことありました
武道館での弾き語りライヴやったようで
とはいえバンドセットもいいですよ
まあ あいみょん自身の歌の強さが圧倒的です

ちょっと嫌だったのが隣あたりにやってきた家族づれ
目の前の若い男子がぶら下がってた柵に
小さい子に ここ捕まって って
はっきり言って割り込み
こんな混雑の中 小さい子は危険ですよ どう見ても
そのうち若い子追いやって もうひとりの小さい子まで柵へぶら下がり
お母さんまで柵へ
かわいそうに前のバンドからずっと待ってた若い子は
追いやられてしまいました(とはいえちょっと前の方の柵のないところ)
ジリジリとエリアを広げていく様は ひどかった
演奏始まると 今度はお父さんが小さい子持ち上げて
リフトじゃねーか まあ小さい子だからわからんでもないけど
そのうち柵に座らせた 危ない! 周りの人が係員呼んで辞めさせました
曲始まると お母さん 子供と手拍子 ほぼハイタッチ
私雨の顔の前で ばちばち
邪魔
じっくり聞こうと思ったけど
まあこっちも自分の手のエリア内で手拍子 
ささやかなディフェンス よるんじゃねー
最後から2曲目のノリのいい曲の最中に
サイテー ってことばを吐いて 泣きべそかきながらお母さんだけ出て行きました
子供は不思議そうな顔でお父さんと一緒に最後までいました
こんなのが近くにいると正直楽しめないですね
最悪
悲しいマリーゴールドでした
みなさんフェスマナー守りましょう!
にしては 子供達音に対する反応良かったですよ
手拍子タイミングバッチリ音楽好きみたいだし 才能あり

気を取り直して
そのまま前エリアの後ろ柵に腰下ろして
セッティングまち
ロック演奏系はどうしても最低30分はかかるんですよねセッティングに
アイドルフェスならすぐ出てくるのに(バックカラオケですからね)

MICHINOKU STAGE
☆SHISHAMO
正直まだ見ぬ大物?でした
TVで見てると
楽器音が小さいので
歌メロや歌詞ばっかフーチャーさてがちですが
ロックですよ
ソリッドなギターサウンドは
ご機嫌なサウンドを奏でます
あいみょんの後でも
十分貫禄迫力あります
小さい女の子達なのに
プロだね
単音のギターソロもあり
猫もしゃくしもオクターブ奏法のメロディ弾きに
飽き飽きの私には大好物到来 もぐもぐ
シンプルながら
一音一音
あるぺじおでさえ
意味を持った弾き方
勉強になりました

晴れとはいえ
蔵王の麓
夕刻にはかなりの冷え込みが
牛スジ煮込み丼をほうばって
アラバキ最終章へ

MICHINOKU STAGE
☆the pillows
-30th ANNIVERSARY CARNIVAL OF BUSTERS in ARABAKI-
1989年結成で30周年
映画作ったということのようです
独特の音楽感あるロックンロールバンド
私は 正直 初耳
フィローズ?かと思ったら
ピローズのよう 失礼
ゲストがみんなリスペクトしていて
グレーのメンバーとも交友があるようで
重鎮なんですね
ギターの人
いい感じのセンスありの
かっこいいギターでした
ししゃもの子が一番小さいのに
一番おおっきいグレッチ(テネシアン)持ってたのが微笑ましかった
最後は
愛を探してニューヨークからきた悲しみのエンジェル♬
カウントダウンでチャボから
佐野のやろう って言われてた
佐野のやろう

 the pillows
   Vo.Gt.山中さわお Gt.真鍋吉明 Dr.佐藤シンイチロウ
   Support Ba.有江嘉典
  Guest
   佐々木亮介(a flood of circle)
   佐野元春
   菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
   JIRO(THE PREDATORS/GLAY)
   関根史織(Base Ball Bear)
   田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)
   TERU(GLAY)
   ホリエアツシ(ストレイテナー)
   宮崎朝子(SHISHAMO)

様々な音楽と巡り会えた アラバキ

See you again! テントの貼り方ちゃんと覚えて出直してきます

ARABAKI ROCK FESTIVAL 2019 DAY12019/04/30 14:20

ARABAKI ROCK FESTIVAL 2019
2019.04.27.Sat.-28.Sun.
みちのく公園北地区 エコキャンプ みちのく
DAY1

ついに着ました
宮城県柴田郡川崎町
蔵王を望む山の中での
アラバキロックフェス

あいにくの雨模様
昼になって雨はほぼ止んでますが
冷え込んでます
桜が咲いてますが
冬!Deth!
キャンプサイトはじっこの方
小高い丘の上にテントはって⛺️
準備万端!
まずは朝ごはん 昼?
激しい二日酔いで
まだ酔ってる体に
京風豚汁うどん
薄味で二日酔いの胃に優しく
さすがに乾杯はイヤ
しかしアラバキは容赦なし

MICHINOKU STAGE
☆Dizzy Sunfist
まだまだ浄化してない二日酔いの体には
激しいロックで喝!
頭クラクラ
演者、観客共にボルテージ最高潮!
あちこちでリフト&サーフ
男子も女子もリフト@サーフ
ガリガリくんも重量級も無差別級でリフト@サーフ
ダイブってのはまた違うよね 禁止ってなってるし ?
よくわからん
気合い入ったいい演奏Deth!
目が覚めた

ARAHABAKI STAGE
☆チャラン・ポ・ランタン
名前知ってましたし
ビジュアルもなんとなく拝見してました
最初の音でおおよそ見当付いたので
失礼ながら 一旦コマーシャル!
アート系センスハイカラさんあんみつスウィーツ
昔は毛嫌いしてましたが
カルチャー自体を捉えた
ハイセンスユニット
音楽的にも相当高度なんでしょうね
ビジュアルも含めていいですよね
ただ
二日酔いでない日に また会いましょう

HASEKURA Revolution✖︎東北ライブハウス大作戦STAGE
☆坂口有望
PVでちらっと見ていい感じだったので
よってみました
飲食ブースにある
アコースティックコーナー
こういうのも手作り感あっていい
ブース前100名弱ほどでいっぱい
って感じで あみちゃん登場
キレイ系超可愛いルックス
ギター一本で弾き語りLIVE
いい声してる
歌詞は
いつものごとくちょっと上の空でごめんなさい
曲の途中でカポの位置移動させて やるねー
18歳大阪出身だそうで
MCの大阪弁もいいですね
きれいな声と正直な歌で
今後の活躍乞うご期待

BAN-ETSU SATAGE
☆ACIDMAN
無骨い男ロック
ギターが印象的でしたね
かっこいいじゃないの
しかし、みんなよく知ってるね
私、全然曲知らないし
どこでみつけるんでしょうね
曲の細かいところで反応が早い
結構このバンドもフェスで見かけるんですけど
ニアミスばかりで
無骨いながらも
印象的なメロディの曲が多いので
ライブだけで覚えちゃいそう

長袖シャツ、厚手のパーカー、ジャンパーでは寒い
テントへ一旦戻って
長袖インナー、長タイツ、ベースボールジャージ、ダウンジャケット、ミット帽子、軍手
完全防備!
かっぱ以外は全部着たぞ
二日酔いからだいぶ冷めたので
マグロほほ肉丼でビール!
先ほど坂口有望見てたアコギブースのそば

HANAGASA Lounge特設リング
☆みちのくプロレス
タッグマッチだ
おお 新崎人生じゃないですか
他は知らない ごめんなさい
超リングサイドなので
選手の筋肉すごいのがよくわかる
たかが体当たりで、こんなに盛り上がるなんて
たかがブレンバスターでこんなに盛り上がるなんて
生ってすごいね
人生選手の「拝み渡り」見れたし
あったまった、あったまった

ARAHABAKI STAGE
☆SCANDAL
久々、姉様たちの生音
こうなるとはわかっていたけど
ノンストップのノリノリ大盛り上がり
お気に入りベースのともちゃん前
まあ可愛い!
プレイはえげつない すげえ迫力
ギターまみちゃん 青いツインテール髪 可愛い
こちらもえげつないプレイ
ドラムりなもボーカルはるなも みんなきれいで可愛い
でもえげつない 迫力!
さすが
虹が!  はるなが指差して叫んで
見つけられなかった私
まあいい
演奏と美貌にやられた
喉枯れた 潰れた

成功尽き果てて
またアコギブースの方へ
椅子座って
ハンバーガー食べてたら
向こうから
すんごい勢いの叫び声

HASEKURA Revolution✖︎東北ライブハウス大作戦STAGE
☆大森靖子
アコギながら
かきむしり
絶叫
突然 語り
アコギソロならではの
リズム自由 歌い出し自由
自由な吟遊詩人語部
現在の琵琶法師 べべベベん!
ロック魂の原点はこれかも
ウケ狙いの演奏はいらない
言いたいことはネットじゃなくてここで歌え!
とばかりに 
迫力ある演奏に ちょっと喉詰まりました

ゴホンゴホン
そのままちょい休憩で
靴脱いで 足揉んで

ç
☆THE ARABAKI ROCKERS SATURDAY NIGHT ROCK'N'ROLL SHOW 1969→2019
ジャパンロックンロールレジェンド大集結
次々登場のステージ
まずは
☆TH eROCKERS
陣内孝則/澄田健/百々和宏/穴井仁吉/ 田中元尚
陣内 かっこいいね
尖った顎がまたいい感じで外人っぽい 
金髪に赤ジャケット
途中マイクスタンド頭取れちゃって はありましたが
ご機嫌ラッケレンロー
☆ROCK'N'ROLL GYPSIES
花田裕之/市川勝也/池畑潤二
在りし日の日本のロックの継承て感じ
渋い
ギター 色の落ちた赤のES335かっこいい
いい音なってました
☆HEATWAVE
山口洋/細海魚/池畑潤二
細海魚のハモンド
超かっこいい
ベースレスでしたがいい演奏でした
☆仲井戸"CHABO"麗市/土屋公平/早川岳晴(From麗蘭)/池畑潤二
さすがチャボ
とにかくかっこいい
時折 曲中にオープンチューニングにしたり
スライド入れたり
キースばりの小粋な小アクションあったり
まあ カコイイ
ロック&ブルース
最後はアンコール(残業)で全員でセッション
南部音楽への愛や
ウッドストックの話も出て
歴史を感じるひととき
本物のミュージシャンが奏でる
即興のギターバトル
やっぱこれだね
血が騒ぐよ!
チャボ今年69才まだまだ
わけーもんに 
ロックな生き様
思い知らせてやっちくれー!!!!!

バックスクリーンには、その場で作成のビジュアルアート
これも素晴らしかった
☆「映像と音の祭」ビジュアリスト
ライブドローイング:奈良美智
映像演出:岩佐篤樹 野村徹
ミュージック&アートの祭典 うーんウッドストック!

ますます冷え込む会場
真冬状態
体の中からあっためないと
餃子となんかカクテルみたいなのでエナジー!

演奏は終了
キャンプファイヤー
あとは宴会が一つ
まだ時間があるので
マルゲリータとホットワイン

☆HANAGASA STAGE
第一興商 presents スナック定禅寺ブギー supported by いいちこ
アラバキ名物
お客様参加型のカラオケ大会
チャラン・ポ・ランタン、椿鬼奴、藤井隆も来場
みんなワンコーラスだけのカラオケ選手権
買った人には特製いいちこ
夜1時まで 平成の名曲をみんなで歌って 大盛り上がり
  素人 上手い人いるね
ハーバーライトカモメが
ガラスの夜行列車降りた時から
プレイバックプレイバック!
栄光に向かって走った 人の良さそうな、なんとか君が優勝
一躍人気者に
もうレギュラーだね彼は
これから極寒の中
命をかけた一晩を明かすキャンパーさんたちの
夢と希望を灯した一瞬でございました

ERIC CLAPTON LIVE at BUDOKAN 20192019/04/20 20:13

黒澤楽器店 MARTIN GUITAR Presents
ERIC CLAPTON LIVE at BUDOKAN 2019

エリック クラプトン 2019 来日公演
日本武道館
もう来ないと言われてたエリック
また来てくれました
いい感じに枯れて
無理なくパワフルでした
プリテンディングでスタートは
ちょっと意外
まだまだロック!
ブルーグレーメタルのストラトと
マーチンだけ
噂のエレキレイラではなくアコレイでした
アンコール飛び入りもなし
それぞれのソロもワンコーラス程度で
コンパクト
しかしながら
ツボを押さえたいぶし銀の技の応酬
いいライブでした
特にハモンドの人
最近はいつも一緒
この人凄いね
生演奏の醍醐味
ハイライトが
Little Question Of Spades
ドブルースなのがまたいい
2時間があっという間
全く満足できません‼️
4時間やっても
かえれまてん‼️
一生やってて下さい

2019.04.20Sat.Set List
Pretending
Key To the Highway [Charles Segar]
Wanna Make Love To You
Hoochie Coochie Man [Muddy Waters]
I Shot The Sheriff [The Wailers]
Driftin' Blues [Johnny Moore's Three Blazers]
Nobody Knows You When You're Down And Out [Jimmy Cox]
Tears In Heaven
Layla
Running On Faith [Jerry Lynn Williams]
Badge
Wonderful Tonight
Crossroads
Little Question Of Spades
Cocain
アンコール:
High Time We Went [Joe Cocker]

参加メンバー
* クリス・ステイントン(Key.)
* ドイル・ブラムホールII(G./Vo.)
* ネーザン・イースト(B.)
* ポール・キャラック(Key./Vo.) 
* ソニー・エモリー(Dr.)
* シャロン・ホワイト(Back Vo.)
* ケイティ・キッスーン(Back Vo.)