ジンジャー・ベイカー ライヴ2012/11/21 20:29

ちょー忙しい毎日
なぜか今日はノー残業デー
私は
東京駅
丸の内にあります
コットンクラブに行ってきました
なぜに
そんなオシャレなジャズクラブ何ぞへ…
そうです
Ginger BakerのLiveだったのです
信じられません!
あの
ジンジャーが目の前に
しかもツーバスで
もちろん
よいお年で
おなかがポッコンでした
MCのときも息が切れてて
おいおい
大丈夫?
でも
えんそうが始まると
鬼のような形相はあいかわらず
ちょーかっこええ
基本的にはジャズですが
リズムはアフロ
大地に響きわたるような
あの響きは健在でした
6/8のブルースもアフロなアクセントで
全く違うアフリカノリになってしまう
計算されたテクニックばりばりの変拍子とは明らかに違う
複雑なリズム解釈を自然の流れのように繰り出してく
すばらしい
初日の6:30スタートということもあって
半分の入り
まあ
ジンジャーであれば、もしかしてずっとそうかも(笑)
世の中の人間は
こういう音楽を体験すべき!
ほんと
すんばらしい演奏でしたよ
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/2012/1121_ginger/

宮之上貴昭/What's Happened? Miya2012/09/30 13:16

タワーレコードの視聴コーナーで聞いて購入してから
だいぶ経ってしまいましたが
お休みの午後、やっとゆっくり聞いております
宮之上貴昭/What's Happened? Miya
1978年のデビュー作だそうで
なんとも大物風オーラ満載
ハコモノギターが縦横無尽意飛び交ってます
心地よいスイング感とともに結構な緊迫感で
グイグイ聞く者を引きずり込んでいきます
ウェスばりのオクターブもガッツリ!
日本人離れした大胆カツ繊細な演奏
エネルギッシュかつ生命観あふれる
血の通った強いJAZZです!

こちらはYouTubeにあった
宮之上貴昭スーパーカルテット - 殿のブルース
http://www.youtube.com/watch?v=StX4bpfv4Z4

宮之上貴昭  What's Happened? Miya  1978
1. 枯葉 Autumn Leaves For…….
2. What’s Happened? Maki.
3. 4 on 6
4. Geo Blue
5. Borsia Sticks

宮之上貴昭(g)、北島直樹(p)、山口雄三(b)、坂田稔(ds)

Wes Montgomery/Echoes Of Indiana Avenue2012/04/25 22:37

ウェスの新譜
未発表音源とやらを
夜更けのとっぷり聴いてます
効いてます
乳酸がバラバラになるようでえす
濃厚なブルースナンバーAfter Hours Bluesはこちら
http://www.youtube.com/watch?v=GwgcrEgj5Sc
画が動かない…
でも
空気は動くぜ!
Round Midnightも超えろい
http://www.youtube.com/watch?v=MOm17yw__6U
いいなー
ずるいなー
これはウェスが動いてるぞ
あたり!
とかいってるうちに
お風呂のお湯がぴーぴーって… いっぱいに
風呂にスピーカーつけたろか!
以前、風呂の前に小さいスピーカーおいて
聴いてたことありましたが
1週間もすればめんどくさくてやめちゃう…
ウェスを聴きながら
なんか、たらたら書いてますが…
とろけそうなギターが…
久々の日記で
なんか
とりとめなく
たらたらと…
ウェスを聴きながら…
そこはかとなくいとおかし…?
だったっけ?

Jazz Caffee nadja 高円寺2012/04/07 13:45

鋼のように凍りついたからだを起こして
手打ち蕎麦の、くら家さんで蕎麦食った後
http://taylor.asablo.jp/blog/2011/07/17/5961232
足の運動がてら
遠回りして(そんな遠くないけど)
あづま通り商店街を通ってかえる道すがら
JAZZ CAFFEE の文字が…
高円寺でまだジャズ喫茶に出会ってなかったので
ちょっと一服
「Nadjaナジャ」さん
http://www.koenji-azuma.com/shop/nadja.shtml
昼一番を、
入れたてのおいしいコーヒーで
大きめの音のジャズで…
久々でした
ゆっくり…ゆらゆら…

マイルス・デイヴィス/ウォーキン2011/12/22 22:21

最近の電車のお供
マイルス1954年のブルース
ウォーキンです
54年って
これがですか
ってかんじですよね
近年
やっと
マイルスのよさがわかってきたような
いやいやまだまだ
奥が深いですね
3.Solarのミュートの効いた音が
心地よく感じてきました
4.You Don't Know What Love Isの出だしのテーマなんか
色っぽいですね
オールスターというだけあって
他のメンバーも良い演奏してます
5.Love Me Or Leave Meのブラシなんかすごいね
仕事の疲れがちょっとだけ忘れる瞬間であります

Miles Davis All Stars/Walkin'
1.Walkin'
2.Blue 'n' Boogie
3.Solar
4.You Don't Know What Love Is
5.Love Me Or Leave Me

エリック・ドルフィー/ラスト・デート2011/10/03 21:25

先日、渋谷いったとき
iPodできいてたのが
ED!
センター街あたりの
雑多な人種、年齢層…
病める現代に気づかず
一時の快楽を求めて集まる人、ひと、ヒト…
なんとも’70NHKドキュメンタリーのような
そんな気分になりました
ドルフィーすごい
絵画で言う現代絵画ですね
なんとも奇妙で、凶器で、矛盾!
そうです
矛盾がいっぱいって感じ
ドルフィーが感じてる現代の矛盾を
目一杯、音で表現してるって感じです
良い演奏
とか
良い曲
なんて次元ではない
大体にして、
そういう既成概念にたいする
矛盾を表現しているですから…
って、私は勝手に想像してます
想像力をかき立てられます
強い力を感じます
最近パワースポットってよく言いますが
そんなとこ行かなくたって
渋谷でこれ聞くだけで
何かが、心の中に、沸々と湧き出てきます
奇妙な音楽ですが
決してファンタジックではなく
確かに現実を直視している音楽に思えます
これぞ病める現代そのもの!
うぉー!

Eric Dolphy / Last Date
1.Epistrophy
2.South Street Exit
3.The Madrig Speaks, The Panther Walks
4.Hypochristmutreefuzz
5.You Don't Know What Love Is
6.Miss Ann

ドゥーイン・オーライト/コーネル・デュプリー2011/09/13 19:48

全編インストってことを
忘れてしまうような
みごとな歌いっぷり
I Ain't Got Youをインストでやるかね
CL BluesやI Got A Womanなんて
ブルーズそのものなのに
インストですよ
でもうたってる
もう
歌ってるんですよね
テレキャスが気持ちよく…
スイングしてるってのが良い表現でしょうか
いやそんなもんじゃない
濃いよね
せっかくの最強の新作がなんと
遺作になってしまうとは…
もう、だいぶたっちゃいましたけど
こんな元気だったので
人の命って
不思議なものです

Cornell Dupree / Doin' Alright
1. Doin’ Alright
2. I Ain’t Got You
3. I Got A Woman
4. Help Me Make It Through The Night
5. Honky Tonk
6. The Bird
7. Erma’s Shades
8. Rainy Night In Georgia
9. Squirrel
10. Ham
11. CL Blues
12. K.C.
13. I Got A Woman (with the Cornell Stamp) (Bonus track)

キャノンボール・アダレイ/マーシー・マーシー・マーシー2011/02/26 13:14

お昼食べて、コーヒー飲みながら
まったりとジャズタイム…
なんて思って
ふらりとCDショプへ
なんか気になったので
買ってしまいました
キャノンボール・アダレイ
ジョー・ザビヌル参加とあったので
どちらかというとそちらに興味がありーで!
結果は
まずった!
おおいに失敗
熱いライヴに
まったりすることができなかった
まままずい!
からだが
起きてしまった!
仕事疲れの身体を
いやすつもりが
血液のガスコンロに着火してしまった
チャッカマン!
まあ
キャノンボールがなんたるかも
ろくすっぽ知らないで
買っちゃうんだから
仕方ないですよね


ただいま完食!
お腹いっぱい!
今日も元気に
チオビタドリンク!
ファンキーというのが
なんたるか
ちっとは
わかったような気がしまする
火の玉ジャズ
音楽は凶器だ!
まっぴるまっから熱いナイトクラブと化した
テーラー邸でございます

Cannonball Adderley Quintet
Mercy, Mercy, Mercy!
Live at "The Club" 1966.10.20
1. Fun
2. Games
3. Mercy, Mercy, Mercy
4. Sticks
5. Hippodelphia
6. Sack O' Woe

バード/オリジナル・レコーディング・オブ・チャーリー・パーカー2011/02/05 19:42

慌ただしい毎日に
やっとのことで、ちょっと一服できた感がありまして
午後は光TVでノラ・ジョーンズのライヴをみてました
動かなかったからだが、やっと動くようになって
ちょっと買い物
書店でJAPAN JAZZをかってみてたら
Charlie Parkerの文字が…
久々聴いてみようかなとおもって
手に取ったのがこれ
優しい音のセッティングでゆっくり浸ろうと思ったのですが
やっぱりチャーリーは
ロックセッティングでバリバリに聴かないと…
静か目に、ぬくだまろう…って思ってましたが
血が沸き立って、身体の芯から火照ってきました
熱いなーこの人は
たまにフッと、陰というか暗いというか
切ないフレーズに、ポタっと落ちるところが
なんとも人間味があって
キュンと来ます
ほとんどがブルース進行なのも
うれしいですね
以前まであまり興味がなかった
オーケストラ付きの演奏も
歌心あって
ききごたえ充分でした
歌いますねこの人のサックス
巨匠に向かって失礼か…

Charlie Parker/The Original Recordings of Charlie Parker
1. Now's The Time
2. Laura
3. Mohawk
4. Kim
5. Blues For Alice
6. Laird Baird
7. K.C. Blues
8. Lover Man
9. Just Friends
10. The Bird
11. April In Paris
12. Lester Leaps In

大西順子 バロック2010/12/19 18:25

久しぶりに
サウンドがスタートした瞬間に
これだ!
と思える
音楽に(しかも現在の新作で)出会った気がします
いや
出会いました
刺激が…
これです
この刺激が、音楽の最高の興奮の瞬間なんです
音楽ですから
いろんな楽しみ方があります
私はできるだけ
いろんな幅広い解釈で
いろんな楽しみ方をしたいと思う方ですが
純粋に、刺激を受ける音楽って
なかなか最近はすくないんですよね
いい音楽は多いんですが…
これはすごい
なんか、中学のとき初めてBeatles聴いたとき
高校のとき初めてジミヘンみたとき(もちろんVTR)
最近では
マディ・ウォーターズの長距離電話の字幕スーパーを見たとき
(?)
どうしても最近の刺激的なのは
まだ経験の浅いJAZZの巨匠たちに多いですけど…
現役ではほんと久々ですね
しっかし、質が高い
攻撃的、かつ創造的
なにか、音が空間の中でみるみるうちに
組み立てられていく感じがします
もうこうなるとJAZZなんて小さい言葉に当てはまりません
音楽というより
空間芸術
いや
音の固まり
そう
ただそれだけですね
シンプルに存在だけしている
今私の部屋の中に
巨大な岩がつみあげられて
大西順子城が築き上げられています
ところが
次の瞬間
パっときえて
別の新しい絵が…
けっして夢物語や懐かしみではなく
現在進行形の現代人の葛藤や習慣が…
こころのわだかまってるものなんかが…
決して爽やかさはなく清々しさはなし
ドクドクと血が流れるのと同じリズムで
別の血が輸血されてる感じ
こういうのが本来のBlueってことですかね
そういう意味ではこれこそBlue Note
これぞJazzなのかも
高いバーでおしゃれに鳴ってる生ピ演奏
(それなりにすごいのではあるのでしょうが)

ラーメン屋でちゃらちゃら鳴ってるジャズなんて
(このCDがかかってたりして)
そんな、みょうにジャズごっこなれした日本のリスナーに
メガトン級の原爆がいま投下されました!

Junko Onishi / Baroque
1.Tutti
2.The Mother's (Where Johnny Is)
3.The ThreePenny Opera
4.Stardust
5.Meditations For Pair Of Wire Cutters
6.Flamingo
7.The Street Beat/52nd Street Theme
8.Memories Of You