METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2022 TOKYO2022/05/22 20:26

METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2022
TOKYO
2022.05.22.sun.新木場・若洲公園
10th Anniversary METROCK2022
11時半ごろ新木場駅降りて
いつものシャトルバス乗り場へ
橋渡って新木場コースト跡通って
道すがら
メトロックのアプリダウンロードの声が
昨日に続きあたふた
すんなり乗車 アプリゲット
リストバンド交換所で
またしてもコロナ受診票記入
あたふた
まあこんなものかと
リストバンド交換し
会場まで20分?ほど とぼとぼ
爆音聞こえてきました
昨日の雨から一転
快晴
日差しがやばいぐらい
超大人数 入場制限なしですね
早速WINDMILL FIELDへ
Creepy Nutsのセッティング
最初左端の方
前の方まで行けました

傾斜下がってるみたいだし
モニターも遠いんで
移動
してみたら
あっという間に人だらけ
センターずっと後方へ退却
まあこんなもんか

WINDMILL FIELD
Creepy Nuts
ヒップホップ
ラップとスクラッチ 
レコード回してました
いいね
これを機にヒップホップを知ってもらえれば
とのお言葉
期待に応えれたかな

WINDMILL FIELD
BiSH
さて本日のお目当て
ままいいポジション確保できたので
座って待ってたら
リハ開始
FANTASTIC"NAO"BAND目当てでもあるので
フェスのリハは嬉しい
正直観客としては
超体力使うフェスの待ち時間
アーティスト見たい欲求と極限の体力との戦いですよ
ちょっと前の会場入りじゃ
まともに推しを見れない
背の低い女の子なんか
モニターすら見えない状態
それじゃ前もってなんて
ザラに2時間以上ズーーーと
同じ場所で陣取ってなきゃいけない
トイレも行けない
飯も食えない
コロナ禍経過して
入場規制や最前席なんてできて緩和されてきたかと思いきや
メトロックはなかなか甘くはなかった
座れるだけ良かったけど
その中で
たまにリハを目の前でやってくれる方は
ほんと嬉しい
癒されます
待ってた甲斐あります
ということでスタート
なんとジャイアントでスタート
ポニテの美人がメンバーに混じってて?
リンリンでした
青空の元 巨大風車をバックに
BiSH とは オツですなー
メンバーからは 多分
ずーっと後ろまで続く人の波を見ながら
気持ちよかったでしょうね
遂に死 で
会場全体ゾンビダンス
遂に死 いいね なんて曲だ
オーケストラはコリーナフライングVで
JAPAN JAMではストラトに浮気してましたが
今回は枯れたギブソンサウンドで
My landscape では 
ドラムのスティック
ティンパニマレットっていうんですか
ぼんぼりついたやつで
優しいシンバリング ジュワーーーーん
beautifulさ きちゃった
もう終わり? 
バンマスのハモンドが鳴り響いて
みんなでトゲトゲ!
うー泣ける
もう終わり って思った瞬間
ズダダダダだだ スネアの轟音
星!
きたー
出し惜しみなし
この曲
ほんと
何もかも
ぶっ飛ぶ
すごい
メンバーも
バンドも
観客も
多分スタッフも
弾けた!

セットリスト
01.GiANT KiLLERS
02.SMACK baby SMACK
03.遂に死
04.オーケストラ
05.My landscape
06.I have no idea.
07.beautifulさ
08.BiSH-星が瞬く夜に-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://taylor.asablo.jp/blog/2022/05/22/9493052/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。