COUNTDOWN JAPAN 1920 DAY32019/12/30 19:32

COUNTDOWN JAPAN 1920 DAY3
2019.12.30.mon.

カウントダウンジャパン
幕春メッセ

11時過ぎに到着
早めに昼飯
生わさビーフめし 生わさ焼き鳥

ネクライトーキー
ギターボーカル女子
ショートスケールベース
ギター、キーボード、ドラム
ソリッドなギター
掻きむしりの中
アンサンブルあり
ポリシンセっぽいおもしろい音
みんな個性的な楽器
こだわり感じます
リスナー若い子ばっか
いいよね いいよね あちこちで
こみかるさもありながら
インストアレンジ、バンドアンサンブルにも凝ってる
やるな 若者
って思ってたら 超モッシュ!
かなりヤバイ最前エリア
すごいライブだ 半狂乱
演奏はしっかりしてる
全てが歌と結びついたアレンジ
無駄な音一切なし
感服!

ビッケブランカ
エレピボーカルのシンガーソングらいたー
こりゃクィーンだわ
コピーじゃないよ
オリジナルだよ
けど成り立ってる
すごい 楽しめる
メンバーは他に
ギター、ベース、ドラム
美脚の美人キーボード
みんな歌いい コーラス
スケール感のある
良質なポップロック
迫力あるわ

OKAMOTO'S
芯のあるテンション高いプレべだわ
渋谷陽一自慢のPA
どこでもベースが聴こえて
曲がはっきりわかる
シングルコイルのSGと
渋い音でよく絡む
ビンテージライクな枯れたいい音
今の若い人もわかってるかな
このサウンドから何かを感じてるんでしょう

連日の疲れ たちっぱ ねむ
果物丸ごとスムージーグレープフルーツ
凍ってて美味しい!
もう一個 いちごけずり ちめたい

HASKING BEE
さて、わがホーム、ムーンステージ
SGにVOX
ミニハムLPにMarshall 800かな
スティングレーにANPEG
YAMAIA 4点セット
見るからにおじさん
ほっとするこういうロック
声もいいし 素直な歌い方
アップテンポのビートナンバー中心
ちょっとカントリー感じます
若者が前へ突進! 意外!
まあいいものは世代超えて
超モッシュじゃ!
演奏も客のノリも自然で
ロックだ
ちょっと 背中にジーンと 鳥肌

climbgrow
ここはセンターSG
と ストラトさん
ギター2本の4人組
しゃがれ声が印象的
ワルでワイルドないでたち
ちょっとマッシュルームな頭
ブリティッシュビート!基本
ロカビリー調
オルタナスパイス散らして
若者拳突き上げ熱狂
会場中の若者のエネルギーが
なにかを訴えているのだ!
かっこいいぜ にいちゃんたち

パノラマパナマタウン
楽曲がポップなユニット
ギターボーカル、ギター、ドラム、
ベース&キーボードの4人組
垢抜けてるね
フェンダー&デラリバのいい音
ファイヤーバードいける!
グレッチドラム3点渋い
久しぶりに見ました
ラップなんか挟んで
今風綺麗なノリですね
真面目に一生懸命
音楽と向き合ってる感がありあり
爽やかだ

milet
ソロのシンガーソングライター
ミレイさん
ドラム、ギター(アコもEBも)
キーボード、コーラス従えた編成
生ドラムとエレドラ併用して
スケールの大きい
透明感広がりのある
壮大な音世界
決して柔らかで優しい声ではなく
硬くちょっとえぐみを薫らせた声
それが無機質になりがちな
透明サウンドに命を吹き込んでいる
まるで深い海の底へ案内され
突然空高く舞い上がるよう
こころ洗われるよう
USシンガーみたい
なによりビジュアル
美形かわ
TV向き!
NHKのドキュメンタリー番組にピッタリ
フェスに1人は絶対ほしい人材
いるね まだ見ぬ凄腕が

晩ご飯
ステーキごはん スケール増し増しで
平らげて
おさらば!

セトリ 公式hpより
ネクライトーキー
M1 こんがらがった!
M2 ぽんぽこ節
M3 だけじゃないBABY
M4 夢みるドブネズミ
M5 許せ!服部
M6 オシャレ大作戦
M7 遠吠えのサンセット

ビッケブランカ
M1 ウララ
M2 ファビュラス
M3 Winter Beat
M4 Ca Va?
M5 まっしろ

OKAMOTO'S
M1 Dancing Boy
M2 History
M3 新世界
M4 BROTHER
M5 90'S TOKYO BOYS

HUSKING BEE
M1 8.6
M2 D.W.S.
M3 Walk
M4 New Horizon
M5 Once So Close
M6 The Sun And The Moon
M7 摩訶不思議テーゼ
M8 新利の⾵

climbgrow
M1 極彩色の夜へ
M2 LILY
M3 THIS IS
M4 未来は俺らの手の中
M5 ラスガノ
M6 叫んだ歌

パノラマパナマタウン
M1 Dive to Mars
M2 世界最後になる歌は
M3 リバティーリバティー
M4 SHINKAICHI
M5 MOMO
M6 フカンショウ
M7 GINGAKEI

milet
M1 Again and Again
M2 Waterfall
M3 us
M4 レッドネオン
M5 inside you
M6 You & I
M7 Fine Line

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://taylor.asablo.jp/blog/2019/12/30/9195703/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。