JAPAN JAM2017 201705062017/05/07 15:37

20170506
千葉市の蘇我
フクダ電子アリーナがある
蘇我スポーツ公園で
JAPAN JAM 2017を見てきました
隣の駅のご近所さんなので
まあ、ご挨拶がわりに
5月4日から6日まで3日間行われてましたが
最終日に当番
10時開場11時半開演でしたので
10時半過ぎごろ到着
蘇我駅は朝早くから若者がごったがえしてました
ほとんどが東京方面からの京葉線かな
スポーツ公園まで10分ほど徒歩
J2 ジェフ千葉のホームタウン
アリーナは今回は会場ではなく
スタンドを解放して休憩所(これが重宝しました)
ステージは3つ
ほぼ一緒の大きさの大ステージのみ
人工芝のサッカーグランドが2つ(2つともサッカー2面の広さ)
と多分野球場かな、土のグラウンド
これが本日の曲者となるのですが
風が超強い、メインのはずのステージがここSKY STAGE
キャリーパミュパミュが砂嵐
インディアン風の衣装が
本人も言ってた通り ぴったりになってしまった
つけまつげが役に立ったのかな
人工芝のLOTUS STAGEで
SILENT SIREN を超前の方で観戦
ドラムベースがいいですねここは
ここまで前だとベースラインもくっきり
ほぼ生音まで聞こえるので
きんもちいい
みんなルックスいいし 大満足
砂まみれのキャリーちゃんは可愛そうでしたが
パフォーマンスは良かったですよ
半分小馬鹿にしてましたが
歌上手いね 踊りも楽しいし 結構曲もいい 覚えやすい
今もなおこうしてフェスとかに出れるのは
やはり只者ではないのですね いいネ!
暑いのと目が砂でシバシバしてきたので
BaseBallBearとLittleGleeMonsterをチラ見して
電子アリーナ周りのフードコーナーへ
牛スジ丼とバドワイザー生 で休憩
バド生うめー
サンボマスターを初体験
わたし的には 意外とMCが煩わしかったですね
演奏だけでも十分いいのに
なんか教師か教祖のように説教がましく持論を講じてました
途中退席
また土のステージでKANA-BOON
おじさんからすると若い子のバンド
激しいリズムのついた歌 なんですね今は
だから 歌詞がどうした とかよくいうんですよね
大学の軽音部のめちゃ上手い先輩って感じですよね
でもワンステージ見ました 良かったですよ
もう一つの人工芝のSUNSET STAGE で
Gotch&The Good New Times
本人らも言ってましたが フェスには珍しい緩い系
スティールギターやらバンジョーやらエーストーンの鍵盤やら
心地よかったですよ スタンスもいいですね
力みなくて ジャズフェスを思い出しました
人工芝の上で    おっと寝てた
夕方から夜までは体力使いそうなので
休憩 ガパオライスとバドワイザー生
食後、無人のグランドのフクダ電子アリーナのスタンドで
ちょっと休憩
ここ使えばいいのに
こんな風強くても 砂嵐にはならないだろうに
とは思いましたが
天然芝のJのグラウンド
荒らされては困るんでしょうね
とはいえ ジェフは長いことJ2
これだけ立派な施設持ってるんだから
頑張ってくれ! 叱咤激励
休憩後 シンガーソングライターのAimer
最初はじっくり聞ける感じかなと思って聞いてましたが
ちょっと内容がネガティブな印象 今日聞かなくてもいいよな
って感じだったので 急いでBigmamaへ
メロありのロックでしたがバイオリンが入りーのギターソロありーのこっちみとけば良かったかな
度々放水してるSkyStageでキュウソネコカミ とやらを
これもなんか軽音部の先輩
夏休み合宿やってそう こんな感じのバンドばっか!
と思ってましたが 意外といけました
これほどキャラを出すものまた 今時なのかな と
お笑い芸人はイケメンになり、俳優、スポーツ、文学など多方面に才能を発揮しているこの時代
ミュージシャンは
演奏はもちろんうまくなきゃいけないですが
日常的な歌詞にメッセージか面白み おバカさ
軽音部の人気者兄貴的な面白い人でなければ売れないんですね
ミュージシャンがお笑いになってる時代ですかね
とはいえ、ここまでやるといいですよ 美味しい
今の若者が求めてるものは
こういう盛り上がりの一体感なんでしょう まあいい わかった
でもキュウソネコカミ見直した!
その後 TheOralCigarettsを見たたけど なんか飽きたので
ストレイテナーへ
よくあるメロありロックと思って聞いてましたが
なんか盛り上がりましたよ
これも思ったよりいいぞ
会場と一体となって力強い演奏ですよ
大トリのサカナクションが隣のステージで始まる間際
このステージから移動する人も出てくる中
なかなか粘って頑張ってる
いいライヴですよ
最後終わっても前ブロックのファンはアンコール要求
このステージはもうないのでもしかしたらと思ったら
でてきてくれました
誰か他のバンドの人連れてきたみたいですが
わかりません
若者たちと一緒に リズムに乗りました
トリのサカナクション
バンドとクラブDJを交互にやるっていう
なんとも   いえない構成ですが
ベースが背が高い女の人で かっこいいですね
ってぐらいで 帰りもあるから 最後の曲で ちょいとおさらば
公園出たあたりで 花火が上がって
来年もここでJapan Jam
また行こうかな