ファビュラス・サンダーバーズ/バッド・ロッキン2005/11/14 21:20

butt rockin'
ジミーと言えば
ヘンドリックス、ペイジ、
そして我らがファビュラスのジミーボーン!
言わずと知れたSRVのお兄ちゃん。
どっかの相撲取りと違って、仲良し兄弟。
天才肌で、バリバリ弾きまくる弟とは対照的に
表面的にはあくまでクール、音数少なめ。
どっこい兄貴だってテキサスブロンコ、
頑固一徹ロックンロール
みっつ以上のコードは無し
小細工無用のチョーキング
ポマードで固めたリーゼントてからせ
ぶっとい弦のストラトと
歪まぬ神にフェンダーアンプ
「いいとしこいて、いつまでそんなことやってんのよ」って
ママに怒られて泣きべそかきながらやめないだだっ子のごとく
同じことをまたくりかえす。
ジミー、おまえこそ男だ!
永遠のやんちゃ坊主だ!
弟の分まで死ぬまでロックしてろ!

実はこのアルバム’90に初めてアメリカ旅行に行ったとき
ホテルの向いにあったCOLONY RECORDなるところで
$9.98で購入した私にとってのお宝レコード。
A面1曲目からノリノリロックのオンパレード
ほんと元気が出ます。ヴォーカル キムウィルソンのハープも最高です!
5曲目がメキシカンないかにもテキサスらしい曲
他はすべて3コードロック、R&B
これ日本語でやったら絶対「銀蝿」っていわれるのがオチ

何年か前(かなり)ファビュラスのライヴ見ました。
弟SRVは名古屋雲竜ホールで見ましたが、
まさか弟と同じ雲竜ホールで見ることができるなんて、
ご多忙に漏れず客の入りはイマイチでしたが、
きていた客は「ざまーみろ」って思ったに違いありません。
SRVは観客席をあるき回りましたが
こちらはキムがハープふきながらあるき回りました。
またファビュラスできてくんねーかなー

The Fabulous Thunderbirds/Butt Rockin' PV 41319 Chysais Records 1981

SIDE 1
1.I Believe I'm In Love
2.One's Too Many
3.Give Me All Your Lovin'
4.Roll,Roll,Roll
5.Cherry Pink And Apple Blossom White
6.I Hear You Knockin'

SIDE 2
1.Tip On In
2.I'm Sorry
3.Mathilda
4.Tell Me Why
5.In Orbit

コメント

_ シェイズのバンマス ― 2005/11/15 10:58

岩木山、負けたねー。それも僕の嫌いな相撲マナーの無いヤツに。

今日のお話も興味深いものがありましたが、さすがにこの手のアーティストがお好きなようで文章にノリが出ていましたなぁ!
特に「どっこい兄貴だってテキサスブロンコ」から後はセンテンスごとにリズムがあります。きっとキーボードを打つ手より文章が先に頭からあふれ出て困ったんじゃないでしょうか。書いているテーラーさんの顔を思い浮かべて笑ってしまいました。

ちなみに僕はこのアルバムは知りませんでした。
Deep-South系は未開拓分野です。

_ テーラー ― 2005/11/15 12:19

>シェイズのバンマス さま
キーボード打つのはジミーボーンばりに遅いので
このアルバム2周してしまいました
好きなものは、おいしい?フレーズばっかり浮かんできて
気がつけば曲の紹介がほとんどない
といった状態です
まあ、詳しい内容は他に専門家がいるでしょうから
その人にまかせて
一風変わったレヴューでゆるしてね

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://taylor.asablo.jp/blog/2005/11/14/142263/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。