クリームの素晴らしき世界2005/11/11 23:19

Wheels Of Fire  MWX 9954/5  RSO
クリームの音ってどこか童話の世界を思わせる独特の暗さを感じます。
小さい頃、世界の童話集のピノキオの表紙の絵が怖くて、本棚に近づけなかったのを思い出しました。
時は過ぎて、おまえの言うように、ねずみといのしし、Those Were The Days…
ヨーロピアンだなーとつくづく思います。

White Room
文句なくかっこいい。
高校卒業してすぐWah Wah(Jen Cry Baby)買っちゃいました。
LIVEの方は
Rock史上永遠の名演Crossroadsから。
当時エリッククラプトン奏法なる教本を買ったのですが、
監修がChar!
前書きで長々と、Crossroadsをコピーしまくったことを書いていました。
何度か、ジョニルチャ、ピンクラのLIVEアンコールで生で聴きましたが、
すべてエリクラ奏法どおりのカンコピでございました。
しかもあのCharが1度だけゴールドトップでやったことがあり、わたくしがGT購入するきっかけの一つになりました。

いさぎいいのが1面2曲ずつしかないこと。
これぞ60年後半!
若いロックファンの方々、いい曲聴くには時として
覚悟と我慢が必要なのだよ(ほんとかよ)

ジャックブルースのハープがまたかっこいい
もちろんTOMBOのメジャーボーイを買いにいきました(さっきから買ってばっかり)

忘れちゃならない、いやな奴ジンジャーベイカー。
今月号のPlayerに’75年のインタビューが載ってますが、ほんといやな奴。
今日も私の人生の大事な16分16秒を、あなたのドラムソロを聴くために費やしてしまったではないか。
ボンゾもコージーもいいけど、やっぱジンジャー1番!
ほんと“いやな奴”

Wheels Of Fire MWX 9954/5 RSO 1968

SIDE 1
1.White Room
2.Sitting On Top Of The World(トップ・オブ・ザ・ワールド)
3.Passing The Time(時は過ぎて)
4.As You Said(おまえの言うように)

SIDE 2
1.Pressed Rat And Warthog(ねずみといのしし)
2.Politician(政治家)
3.Those Were The Days
4.Born Under a Bad Sign(悪い星の下に)
5.Deserted Cities Of The Heart(荒れ果てた街)

SIDE 3
1.Crossroads(十字路)
2.Spooful

SIDE 4
1.Traintime(列車時刻)
2.Toad(いやな奴)